「できない自分」を捨て「世界中が笑顔で輝く」

かもも  女性(21才)

 私はコーヒーショップでアルバイトを始めて約一年半経ちます。
アドヴァンスを受ける前私はバイト先で自分は役立たずで、周りの人に迷惑をかけている使えない人だと思っていていつも私は「できない人」というあり方でした。
ちょっとしたミスが多く例えばレジの打ち間違えや、お客さんがホットドリンクを頼んだのにアイスを作ってしまいミスをするたびにあわあわして、「自分はダメだ~迷惑かけてる~」と自分を責め、バイトに行く前いつも「あー今日もみんなに迷惑かけちゃうんだろうな~」
という重い気持ちでした。
またバイトを始めて一年半も経つのに要領が悪く後輩に上手く指示を出したり、教えたりするのが苦手で頼りにならない先輩という自分でいました。
しかし、アドヴァンスを受け「できない自分」を捨て「世界中が笑顔で輝く」可能性を発明したことにより、落ち着いた気持ちで仕事ができるようになり、以前では今更聞けないと思っていた質問も気にせず聞けるようになりました。
また、お客さんに対しての接客が面倒くさく笑顔で対応するのが苦手だった私が、今では自然と笑顔になっている自分がいてお客さんに対して良い気持ちで帰ってほしいと思うようになり接客が好きになりました。
もしアドヴァンスに参加していなかったら、バイト=憂鬱という自分がずっと存在していたので本当にこのコースに参加できてよかったです!!

関連記事

  1. ナースステーションでの私

  2. 真のリーダーシップ

  3. 自分自身に対しても限界付けていた枠を超えて

  4. 「今は何をしても結果をつくることができる」

  5. キャリアアップ

  6. 自然と言葉が出てくる

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31