生徒の目線で楽しくレッスンしています

篠原 雅子  女性(50才)  職業:ピアノ講師

私はこのコースを受けて生徒との関係にブレークスルーがありました。受ける前は何の不満もない満足したピアノの先生だと自負していました。
そして、このコースで見えたのは、私は人と接する時、瞬時に人を振り分けているという事に気付きました。自分より出来そうな人だと思うと、生徒の様に控えて大人しく接して、反対に自分より出来ないとわかると偉そうな先生になっているのが見えました。ピアノの生徒に対してもまさにそれをやっていました。出来ること出来ない子に分けていて、出来る子には一生懸命教えていて、出来ない子は才能がないから仕方ないとあきらめていました。
コースを受けてからこんなことがありました。
いつも通りレッスンをしていました。相変わらず出来ない子がレッスンにやって来て、いつもの様にため息をついていすに座ります。そして、「難しいから弾けへん…。」と呟いたのです。今までの私ならそこで怒るのですが、「アーそうか。難しいんや。難しいってことは少しは練習したんや。すごいやん!」って言ってました。その瞬間、生徒は目がキラッとして、「うん!」と答えました。
今まで生徒の出来ない所ばかり見ていた自分に気付きました。生徒の自己表現を止めていたのは自分だったのです。
今では、生徒の目線で接して楽しいレッスンができているというのがこのコースからの成果です。

関連記事

  1. 自分の聞き方によって相手も自分もお互いの関係も良くもなるし悪くもなる

  2. 長年実行したかった企画をリーダーとしてスタート

  3. 人を育てる可能性

  4. 本当に欲しかった母との関係を手にいれました

  5. 自分自身に対しても限界付けていた枠を超えて

  6. 真のリーダーシップ

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031