「やりたいと思うことは何歳からでもチャレンジできるんだ」

伊藤克昭 男性 (52)

私はブレークスルーテクノロジーコースを受け、「やりたいと思うことは何歳からでもチャレンジできるんだ」と、諦めずに挑戦し続ける人生になりました。

私は、インターネットで物販の仕事をしています。
物販のコミュニティの主宰者から紹介され、収入が増えたらいいなと思い、セミナーに参加しました。

セミナーを受ける前の私は、人一倍努力して、仕事の成果も出して来たのですが、何故だかふとした瞬間に「自分なんかこんなもんだよな」と諦;めてしまうことがありました。

セミナーで過去を探求し、諦めてしまうきっかけとなった出来事を思い出しました。それは、幼稚園のとき、昼寝をする教室を間違えてみんなの前で怒られ、恥ずかしい思いをしたことでした。大人になってからも夢に出て来るほど強烈な出来事で、それ以降、人から笑われないように必死で生きて来たのだとわかりました。だからこそ、言われた仕事は期待以上の成果が出るように努力をして成果を出し続けていました。しかし、今思えば、そのことにいつも疲れていましたし、これ以上やっても失敗するだろうと思うと逃げるように退職するということを繰り返して来たことにも気づきました。そのことで、今までどれほどのチャンスを失って来たのだろうと思うと愕然としました。

セミナーを受けてからも、「恥ずかしい」と思うことは多々ありますが、過去の体験からそう感じているだけだとわかったので、「笑われるかどうかなんてやってみないとわからないんだ!」と思い、だったらチャレンジしてみようと、諦めることは無くなりました。

その後、物販のコミュニティでは、これまで決して言えなかった、自分の失敗体験を話せるようになると、予想に反し、笑われるどころかむしろみんなを力づけることができています。
すると、このままの自分でいいのだと思え、できないことはできないと言えるようになり、そして自分のできることは全力投球できるようになりました。そのためか、セミナーを受ける前の自分とは比べものにならないくらい、自由に生きられている実感があります。

セミナーを受けなければ、この後の人生も失敗しない範囲でしか行動しなかったと思います。そんな私でしたが、今では生まれ変わったかのように、沢山の夢や目標で溢れています。

諦めることなく、夢に向かって行動し続けられていることが一番の成果です。

関連記事

  1. 一人で抱えることなく思いを伝え

  2. 愛してやまない人生を生きている

  3. セミナーに参加していなければ絶対にありえなかったことです。

  4. 幹部社員と何でも言い合える人間関係になり、生産性が爆発的に上がりました。

  5. 仕事の生産性が上がっただけでなく、人とのコミュニケーションでも自由に自分の意見を伝えられるようになったので、ストレスからも本当に解放されました

  6. 人と関わる喜び

2024年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031