スタッフとのコミュニケーション

長田 洋治  男性(40才)  職業:レストラン接客業

「人と接する仕事がしたい」と20年前に始めた接客業。お客様と接するのは満足に満ち溢れていましたが、スタッフとのコミュニケーションはとても窮屈さを感じていました。
しかしそれは「こんなこと言ったら変に思われる・嫌われたらどうしよう」という自分への注意と関心から、人との関わり合いに自分で限界をつけていたんだとブレークスルーテクノロジーコースを受けて発見しました。
そして私は自由な自己表現をすることができるという可能性を手に入れました。
今ではスタッフとのコミュニケーションは、解釈を付けずにストレートに取れる事で初めてチームになったと実感しています。

関連記事

  1. 仕事のストレスがなくなりました

  2. 経営職へと仕事の責任を拡大しています

  3. 娘と何でも話せる関係

  4. 毎日が穏やかになりました

  5. 一番の成果は小さい頃からの夢であった会社の経営者となったことです

  6. 緊張に振り回されず自己表現できる自分を手に入れました

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031